ライセンス認証について

ライセンス登録したユーザーが使用する場合に限り、複数のコンピュータにソフトウェアをインストールして使用することができます。ただし、複数のコンピュータで同時にソフトウェアを使用することはできません。

複数のコンピュータでの同時使用をできなくするため、Boat Advisor には "ライセンス認証" 機能が備わっています。ライセンス認証機能は、Boat Advisor ウェブ サイトとネット接続を行い、"コンピュータ使用許可" の取得を行います。「コンピュータ使用許可」 は、1ライセンスにつき1つしかありませんので、「コンピュータ使用許可」 を取得できたコンピュータだけ、使用が可能になるという仕組みです。

ライセンス認証についての解説

ライセンス認証機能は、新たな [レース情報] データが登録されるまで、「コンピュータ使用許可」 を取得したコンピュータを記録しています。この間 (つまり1日間) は、他のコンピュータでライセンス認証が実行されても、「コンピュータ使用許可」 を取得できません。このような機能により、複数のコンピュータでの同時使用を防いでいます。

しかし、ライセンス登録したユーザーが、ソフトウェアを複数のコンピュータで使用する場合も、ライセンス認証機能によって使用が制限されます。ただし、「コンピュータ使用許可」 の解除を行えば、別のコンピュータでライセンス認証を実行して、「コンピュータ使用許可」 を新たに取得できますので、他のコンピュータでもソフトウェアを使用することができます。

「コンピュータ使用許可」 には、許可の期限があります (これはライセンスの有効期限とは別のものです)。 許可期限を過ぎてしまうと、「コンピュータ使用許可」 は無効になります。なお、許可期限を過ぎているかの判断は、コンピュータの日付ではなく、データベースにインポートされている [レース情報] データで行っています。例えば、許可期限が2009年1月1日だとすると、2009年1月2日の [レース情報] データが存在する場合は、許可期限が過ぎていると判断されます。

ライセンス認証が実行されると、許可期限の更新も自動的に行われます。更新される許可期限は Boat Advisor ウェブ サイトに登録されている最新の [レース情報] データの日付になります。夜に翌日の [レース情報] データが登録されますので、データの登録以降に実行されると、許可期限は翌日に、登録以前に実行されると、許可期限は当日になります。

コンピュータの許可期限は、[ライセンス登録] ダイアログの [コンピュータ使用許可] - [許可状態] で確認することができます。

複数のコンピュータでソフトウェアを使用していて、 どのコンピュータに 「コンピュータ使用許可」 があるか判らなくなった場合は、[ライセンス登録] ダイアログの [許可状態] の日付を比較してください。日付が最も新しいコンピュータに 「コンピュータ使用許可」 が与えられています。(どのコンピュータも 「コンピュータ使用許可」 を取得していない場合もあります。)

ソフトウェアを使用するコンピュータの変更は、1日間で3回まで可能です。この制限回数に達すると、翌日の [レース情報] データが登録されるまでの時間は、コンピュータの変更が行えません。


「コンピュータ
使用許可」
の取得方法

ライセンス認証を実行して、「コンピュータ使用許可」 を取得または更新するには、3種類の方法があります。
[データ ファイルのダウンロード] を実行する
[ファイル] メニューの [データ ファイルのダウンロード] が実行されると、自動的にライセンス認証も実行されます。
[ライセンス登録] ダイアログの [許可取得] を実行する
[データ ファイルのダウンロード] を行わずに、 ライセンス認証だけを実行したい場合は、[ヘルプ] メニューの [ライセンス登録] を実行すると表示される [ライセンス登録] ダイアログで、[許可取得] を実行してください。
[ライセンス登録] ダイアログの [起動・終了時] オプションに、[取得・解除を自動的に実行する] (または [取得・解除を実行するか毎回選択する]) を設定する
これらを設定すると、ソフトウェアの起動時に 「コンピュータ使用許可」 の取得を実行することが可能です。ソフトウェアを2台以上のコンピュータで使用する場合は、設定すると良いでしょう。
「コンピュータ
使用許可」
の解除方法
ライセンス認証を実行して、「コンピュータ使用許可」 を解除するには、2種類の方法があります。
[ライセンス登録] ダイアログの [許可解除] を実行する
「コンピュータ使用許可」 を手動で解除するには、[ライセンス登録] ダイアログの [許可解除] を実行してください。なお、「コンピュータ使用許可」 を解除するには、現在 「コンピュータ使用許可」 を取得しているコンピュータで行う必要があります。他のコンピュータから行うことはできません。
[ライセンス登録] ダイアログの [起動・終了時] オプションに、[取得・解除を自動的に実行する] (または [取得・解除を実行するか毎回選択する]) を設定する
これらを設定すると、ソフトウェアの終了時に 「コンピュータ使用許可」 の解除を実行することが可能です。ソフトウェアを2台以上のコンピュータで使用する場合は、設定すると良いでしょう。

具体的な例による説明


デスクトップPCでソフトウェアを起動して、[データ ファイルのダウンロード] を行うと、自動的にライセンス認証が実行され、デスクトップPCに 「コンピュータ使用許可」 が与えられます。また、この時刻には、翌日 (2009年1月2日) の [レース情報] データが登録されていますので、許可期限は2006年1月2日に設定されます。

これ以降、モバイルPCでソフトウェアを使用しようとしても、翌日の夜に2009年1月3日の [レース情報] データが登録されるまで、「コンピュータ使用許可」 を取得することができません。よって、モバイルPCでのソフトウェア使用が制限されます。

モバイルPCでソフトウェアを使用したい場合は、まず、デスクトップPCの 「コンピュータ使用許可」 を解除してください。解除を行うと、どのコンピュータにも 「コンピュータ使用許可」 が与えられていない状態になります。次に、モバイルPCでライセンス認証を実行して、「コンピュータ使用許可」 の取得を行えば、ソフトウェアを通常どおり使用することができます。

ウェブ サイトへ送信されるデータ (プライバシー ポリシー)

ライセンス認証機能は、ライセンス登録されたユーザーを識別するための情報を、ウェブ サイトへ送信しています。送信される情報には、ライセンス キー、およびコンピュータを識別するためのID情報 (ランダムに生成した値) が含まれていますが、コンピュータ内の個人情報等を収集して、送信するような行為は一切行っていません。安心してご利用ください。