[予想のカスタマイズ] ダイアログ - [自動選択] ページ

ユーザー予想に関する設定を行います。

ユーザー予想の場合は、予想セオリーの設定にしたがって出走選手を評価して、レースの予想を行います。予想を行う際に、登録されているどの予想セオリーを適用して予想を行うかは、ツールバーの [予想セオリーの選択] ドロップダウン リストで選択してください。[(自動選択)] を選択すると、開催のグレードや各競艇場別に、適用する予想セオリーを自動的に切り替えることができます。

このページでは、[(自動選択)] を選択した場合に適用される予想セオリーの設定を行います。

[予想セオリーの自動選択]
スタート展示の採用方法については、これまで何度か変更されています。(詳しい解説につきましては、「スタート展示の扱いについて」 参照してください。) 今後も予想に大きな影響を与えるルール変更等があるかもしれません。やはりルール採用期間ごとに、そのルールに合った予想方法を使うべきでしょう。また、開催のグレードや各競艇場ごとに、適用する予想セオリーを変えたい場合もあると思います。[予想セオリーの自動選択] は、これらの条件別に適用する予想セオリーを設定できるようになっています。

[予想セオリーの自動選択] を設定するには、最初に設定を行いたい適用条件 ([ルール区分] と [開催種別]) をドロップダウン リストから選択します。次に競艇場別に適用する予想セオリーを指定してください。


[ルール区分] は、スタート展示のルールおよびスタート展示データの有無によって、下記の表のように分類しています。
期間 スタート展示分類
2004/04/28〜 現在のスタート展示ルール
2003/08/01*〜2004/4/27 SDルール (スタート展示データあり)
2002/08/05〜2003/7/31* SDルール (スタート展示データなし)
〜2002/08/04 スタート展示が実施される以前
*を除いて、開催初日の日付です。(例. 2004/05/01でも開催初日が2004/04/27なら、SDルールになります。)

[一括指定] ボタン
[桐生] 競艇場に選択されている設定で全場を設定します。設定されるのは、選択されている適用条件 ([ルール区分] と [開催種別]) に限られます。
[初期設定] ボタン
ソフトウェアの初期設定値に戻します。設定されるのは、選択されている適用条件 ([ルール区分] と [開催種別]) に限られます。